ダンスイラスト

2008年よりダンスが必修化されました。

文部科学省が発表した中学校学習指導要領改訂によるものが始まりです。

それに伴い、2011年から小学校、2012年から中学校、2013年には高校においてダンスの授業が導入!

子供達全員がダンスに関わる機会が設けられた…という事になります。

小さい頃からダンスに触れ合い、音に合わせて体を大きく動かすことは、子供の成長過程において非常に重要!

特に幼児期は、その後の成長に大きな影響を与える時期なので、アクトアップではこの時期の『表現』を特に大切にしています。

そんな子供達へダンスの楽しさを教えるべく、アクトアップは多くの講師派遣の実績を残しています。

どうしてダンスが必修化になったのか?

文部科学省のホームページには、

「ダンスは、イメージをとらえた表現や踊りを通した交流を通して仲間とのコミュニケーションを豊かにすることを重視する運動で、仲間とともに感情を込めて踊ったり、イメージをとらえて自己を表現したりすることに楽しさや喜びを味わうことのできる運動。」

と記載されています。

「表現力」や「コミュニケーション力」を養える…というのが必修化の理由のようです。

上手にダンスを踊る事が目的ではなく、仲間とのコミュニケーションを高め、自己表現の楽しさを学ぶことが重視されているんですね。

ダンスとリズム感

ダンスは幼少期からの習い事に最適です。

早ければ1歳前頃から手や足を使ってダンスの基本であるリズムをとり始めます。

テレビでダンスシーンが流れたら音楽に合わせて楽しそうに踊ります。

そこまでは教える事もなく出来るようになるのですが、残念ながらそのままでは踊れるようになりません。

せっかく持つって生まれたリズム感をそのままにしておくのはもったいない事です。

週1~2回程度の稽古で大人顔負けのダンスを踊るようになります。

リズム感はダンスだけではなくスポーツ、車や自転車の運転など体を使う事に多く生きてきます。